幼稚園・小学生のバレエ教室なら子供バレエ教室東京リトルダンサー。港区高輪台、高輪台駅、品川駅、五反田駅、白金高輪から通えます。

menu

子供バレエ教室の東京リトルダンサー 東京都港区品川、高輪台駅徒歩1分 白金台駅徒歩10分

リトルダンサー通信 2015.第17号(5月号)

バレエ用語は足のポジションを示すもの、腕のポジションを示すもの、バレエのステップを示すものなど様々です。
このようにたくさんのバレエ用語の中には、動物の名前が含まれた用語もあることをご存知でしょうか?
今回はその中から代表的な3つを紹介したいと思います。

【pas de chat】(仏)
読み:パ・ドゥ・シャ
意味:猫のステップ
動き:ドゥミプリエから片脚の膝を曲げて跳び上がり、空中で両脚ともルティレポジションをつくって片脚ずつ着地する。
→小学生クラスではよく出てくるステップで、子ども達は意味も動きもよく覚えています。

【pas de cheval】(仏)
読み:パ・ドゥ・シュバル
意味:馬のステップ
動き:足の指で床をひっかくように、前に小さくデブロッペする。
→馬が足で地面をひっかく動作に似ていることから、この名前が付いたそうです。

【cabriole】(仏)
読み:カブリオール
意味:ヤギの跳躍
動き:片脚を振り上げながらもう一方の脚で踏み切って跳び上がり、空中で両脚を打ち合わせてから、最初に振り上げた脚を保ったまま踏み切った脚で着地する。
→振り上げる脚の方向が前、横、後ろと3種類のカブリオールがあります。

バレエを習うとき、ステップや用語だけでなくその意味も一緒に覚えることをオススメします。用語の意味と動きが関連しているステップなら、動きがイメージしやすく習得も早くなるはずです。

〔参考資料〕
バレエ用語集  新書館

関連記事

labellfee_shoes
labellfee

メールマガジン